担保権とはどういうものか

お金を借りる際、金額が大きくなればなるほど、お金を貸す側は様々な手当てを要求します。こういう手当のことを「担保」といいます。

ecn013-s

お金の貸し借りをする契約を、法律上、「消費貸借(しょうひたいしゃく)契約」といい、原則として、お金を貸し渡せば、口約束で契約は成立することになりますが、まさか、1000万円を口約束で貸す人はいないでしょう。

少なくとも、契約の内容を記載した書面くらいは作るでしょうし、すでに、いくつかのコラムで触れたように、保証人をつけることを要求したりすることも珍しいことではありません。

しかし、消費貸借の借用書を作ったとしても、それ自体は、お金の貸し借りがあったという証拠になるにすぎず、お金を借りた人から確実にお金を返してもらうための切り札とは言えません。

icon-arrow-circle-o-right お金を返してもらうためには、その契約書を証拠として裁判に持ち込んだうえで、民事執行(みんじしっこう)の手続をとるという二段階の手続をとらなければならないからです。

保証人についても、多少似たところがあります。確かに、保証人がついているときは、お金を借りた本人がお金を返さなくても、代わりに保証人に返してもらえるように要求することはできます。

しかし、保証人が保証契約の効力を争って裁判になることもあるでしょうし、そもそも保証人にも十分な資金力がなければ、裁判に勝ったとしてもお金を返してもらうことは事実上困難です。

icon-hand-o-up そこで、多くの場合には、上述したような借用書などの書面や、保証人のような人的担保(じんてきたんぽ)ではなく、もっと即物的な担保を要求することが一般に行われています。

例えば、AさんがX銀行から1000万円を借りることにした場合を考えてみましょう。X銀行は、Aさんに貸した1000万円を確実に回収するためにはどういう手当をしておけばよいのでしょうか。

もちろん、借用書は作成するでしょうが、もしAさんが所有する5000万円の土地があれば、この土地を何とかしたいと考えるに違いありません。

そして、Aさんがお金を返さないときは、この土地の所有権をAさんから取り上げて、貸したお金の穴埋めに使うことができるようにしておくのです。

icon-arrow-circle-o-right この場合、この土地は、人ではなく物であり、このような担保を「物的担保(ぶってきたんぽ)」と呼びます。

次回からは、物的担保の方法や様々な問題など、お金を借りる際に知っておきたい担保のいろいろな事柄を説明していきたいと思います。


このページの先頭へ